大阪府阿倍野区 妊娠中に多い歯の病気【小室歯科近鉄あべのハルカス診療所】
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
大阪 歯科 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科
院長略歴、ごあいさつ
診療システム
スタッフ募集
歯科医師卒後臨床研修を志す先生方へ
通院にあたって
小室歯科の活動
院内ツアー
院内設備
予約
休診日など、お知らせ
English
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
入れ歯
  金属床義歯
  ノンクラスプデンチャー
  アタッチメント義歯
インプラント
  ミニインプラント
  ショートインプラント
  CT分析
デンタルエステ
  オールセラミック治療
  ラミネートべニア
  PMTC
ホワイトニング
矯正歯科
  インプラント矯正
  デーモンシステム
  ムーシールド
  マウスピース矯正
歯科用CT
セレック
予防歯科
アンチエイジング歯科
歯科人間ドック
スポーツマウスピース
  アーマーバイト
静脈内鎮静法
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
求人サイト
入れ歯
インプラント専門サイト
歯列矯正専門サイト
小室歯科公式ブログ
院長ブログ
インプラント最新情報
歯列矯正最新情報
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
QandA
TOPICS
リンク
サイトマップ
QRコード対応の携帯電話でご覧ください
妊婦はむし歯になりやすい
よく「こどもを一人産むと、歯が一本抜ける」といわれますが、胎児に母親のカルシウムが取られるからではありません。妊娠すると、お口のなかはむし歯や歯周病などにかかりやすくなります。
それは、
1、 妊娠のため唾液が酸性になり、ねばっこくなっている(歯垢が増える)
2、 つわりなどで食事の回数がふえて、口のなかが汚れやすくなる
3、 歯ブラシを入れると気持ち悪くなったりする
などによるものです。
これを防ぐには、1日何回でも「食べたらみがく」習慣をきちんと守って、常にお口のなかを清潔にしておくことが大切です。
妊娠中の口腔の主な病気
1、 むし歯
妊娠中はむし歯が発生し易いので、4〜8ヵ月の安定期に無理のない範囲で治療します。
2、 歯肉炎、口内炎
妊娠2〜4ヵ月に起こりやすく、歯肉から出血しやすくなります。
歯肉炎 妊娠性エプーリス
3、 歯槽膿漏
妊娠性歯肉と重なると、進行が速くなりますから、早期によく指導を受けましょう。
4、 妊娠性エプーリス
むし歯、歯の装着物などの刺激やその他の原因による。
5、 歯痛
健全な歯でも歯髄が充血して痛くなることがある。
6、 その他の疾病
情緒不安定のため、義歯に違和感を持つなどの不快症状があります。
丈夫な歯をつくる決め手は
1、 栄養のバランス
健やかな子供は、肉体的にも精神的にも健康な母体から生まれます。
お口の健康も同じ。胎児の乳歯の芽は、妊娠7週目くらいにできるといわれます。
 
妊婦の栄養は、母親自身の健康を保つと同時に、胎児の正しい発育を促すものです。バランスの良い食事を摂ることを心がけて下さい。
2、 お口のなかは、いつも清潔に。
妊娠中は生理的な変化に加え、食べる回数が増えたり、つわりで気分が悪くてお口の清掃が不十分になったりしがちです。何か食べた後は必ず「みがく」習慣をきちんと守ることが大切。
 
もしも気分が悪くて歯ブラシが使えない場合は、なるべく糖質の食べ物は控え、食べた後はブクブクうがいをして食べかすを取るなど、お口のなかをいつもきれいにしてください。
Copyright(c)2005 Komuro Dental All rights reserved.