阿倍野区 天王寺区 マウスピース【小室歯科近鉄あべのハルカス診療所】スポーツマウスガード
ごあいさつ
診療システム
スタッフ募集
歯科医師卒後臨床研修を志す先生方へ
通院にあたって
小室歯科の活動
院内ツアー
入れ歯
インプラント
デンタルエステ
ホワイトニング
矯正歯科
スポーツマウスピース
求人サイト
入れ歯
インプラント専門サイト
歯列矯正専門サイト
小室歯科公式ブログ
インプラント最新情報
歯列矯正最新情報
QandA
リンク
スポーツマウスピースとは
スポーツには怪我がつきものです。コンタクト(接触)の多いスポーツでは、歯が抜けてしまったり、折れてしまったり、歯の外傷がかなりの頻度で発生しております。そういった高い割合の怪我を防止する為に、口の中に装着するものが、マウスピースです。
 
マウスピースの主な目的として、格闘技、ラグビーなどの接触が多いスポーツの最中の歯折や顎の骨折、脳震盪の予防があげられますが、その他に正しいマウスピースを使用すると、体のバランスがよくなり、敏捷性、平行能力が改善する・噛みしめやすさの向上により、筋力が増強するなどの研究報告もあります。

このように、口腔の防御、競技の成績の向上に役立つマウスピースですが、最近では、アンダーアーマー社がスポーツマウスピースの販売をはじめており、話題になっています。
これは、選手のスポーツ、目的によりタイプの違うマウスピースをセレクトし、歯科医院で歯形をとって、オーダーメイドで作成しますので、非常に精密なものができます。
小室歯科近鉄あべのハルカス診療所は、このアーマーバイトというマウスピースの契約販売店となっていますので、ご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。
    アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスウェアの詳しい説明は、こちらへ
マウスガード使用が義務付けまたは推奨されるスポーツ
マウスガード装着が、すでに義務化されているスポーツもありますが、最近様々なスポーツで利用価値が認識され、マウスガードの義務化、推奨を行うスポーツ団体が増えてきています。
使用が義務化されているスポーツ
ボクシング、キックボクシング、アメリカンフットボール
一部義務化されているスポーツ
空手、アイスホッケー、ラクロス、ラグビー
その他
サッカー、野球、柔道、バトミントン、バスケットボール、バレーボール、
スキー、テニス、ハンドボール、相撲、水球、重量挙げ、射撃
マウスガードの種類
市販マウスガード
安価で手軽に使用できるという利点もありますが、自分で製作し歯に合わせるものが多く、口を開けるとずれたり、はずれたりする事が多く見られます。これではいざというときに機能しないばかりか発音がしにくくなります。また、噛み合わせがずれていることが多く、顎の関節 を悪くしたり、プレーに集中できなかったりと不都合なことが多く聞かれます。また適合性の悪さをカバーしたボイルタイプ(加熱して、自分で適合させるタイプ)もありますが、強さが弱く、かみ切ってしまうことがあるようです。
カスタムメイドマウスガード
歯科医院で作成するマウスガード。歯の型を取って精密に作るので、スポーツ中に脱落したり、かみ合わせが悪くなるという心配もありません。ですから、安全かつ、体のバランスの向上、筋力アップがみられ、競技の種類によっては、競技能力の向上を認める場合もあります。虫歯などがなければ、通常2回の来院で大丈夫です。
マウスガードのチェック
多くのスポーツ選手は、パワーを出すために歯を食いしばります。マウスガード装着時の食いしばりは、マウスガードをすり減らしてしまいます。マウスガードは少なくとも1年に1回はすり減りや破損をチェツクしてもらい、傷んだものは作りかえることをお勧めします。
 
また成長期のお子さんは、必ず2〜3か月に一度はチェックを受けましょう。
Copyright(c)2005 Komuro Dental All rights reserved.