インプラント治療 大阪【小室歯科】近鉄あべのハルカス診療所 天王寺 阿倍野 ミニインプラント
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
大阪 歯科 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科
院長略歴、ごあいさつ
診療システム
スタッフ募集
歯科医師卒後臨床研修を志す先生方へ
通院にあたって
小室歯科の活動
院内ツアー
院内設備
予約
休診日など、お知らせ
English
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
入れ歯
  金属床義歯
  ノンクラスプデンチャー
  アタッチメント義歯
インプラント
  ミニインプラント
  ショートインプラント
  CT分析
デンタルエステ
  オールセラミック治療
  ラミネートべニア
  PMTC
ホワイトニング
矯正歯科
  インプラント矯正
  デーモンシステム
  ムーシールド
  マウスピース矯正
歯科用CT
セレック
予防歯科
アンチエイジング歯科
歯科人間ドック
スポーツマウスピース
  アーマーバイト
静脈内鎮静法
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
求人サイト
入れ歯
インプラント専門サイト
歯列矯正専門サイト
小室歯科公式ブログ
院長ブログ
インプラント最新情報
歯列矯正最新情報
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
QandA
TOPICS
リンク
サイトマップ
QRコード対応の携帯電話でご覧ください
インプラント(人工歯根)は、どんな人に役立つのでしょう
取り外しの入れ歯がいやな人、あるいは苦手な人
 取り外し式の入れ歯への不満としては、良く噛めない、話しにくい、見た目にも入れ歯とわかる、そして取り外すということが生理的に受け入れられないまたは面倒である等が代表的なものでしょう。
インプラントはこれらの問題を解決するために生まれた治療法の一つです。
健康な歯を削られたくない人
 1本が抜けた場合、最も一般的な治療として両端の歯を削って人工の歯(クラウン)を被せて橋をかける治療があります。しかし、この方法は健康な美しい歯を削る上に、2本の歯で3本分の歯の負担をすることになりますので歯の将来を考えてもあまり良い方法とはいえません。
インプラント治療の場合では、欠損部分に直接人工の歯根を植え込み機能回復を計るので両端の歯には負担をかけず、まして削るようなことも全くありません。
総入れ歯の使用により、社会活動や社会生活に支障を感じている人
 すでに1本も歯がないが、社会生活は現役で、人前で話をする機会や会食に出席する機会が多い人などにとって、不安定な総入れ歯は不快と感じることがあるでしょう。しかし、入れ歯を外して人前に出る訳にもいかず我慢を重ねながら日々を送っていることが多いのではないでしょうか?
インプラントは、そのような悩みを解消し、自然な会話やより快適な食事を楽しめます。
歯槽膿漏や歯周病の治療を受けた後の歯を保護するために
 歯槽膿漏は必ずしも治らない病気ではありません。しかし、歯を支えている骨の量が少なくなって何本かの歯が抜けたような場合ですと、当然残った歯を支えている骨の量も少なくなっています。その上、本来お口の中にあるべき歯の本数よりも少ないわけですから、この状態で大きな噛みあわせの力が加わると、せっかく残った歯に必要以上の負荷がかかります。といって取り外し式の入れ歯を装着するとクラスプ(入れ歯の維持安定を求めるために残っている歯に引っ掛けるツメのようなもの)が掛かっている歯に集中的に力が加わりよい結果が得られません。しかし、歯が抜けたところにインプラントを植立しますと、失われた歯が戻った状態になり、残った歯を支えていく力強い役割を果たします。
Copyright(c)2005 Komuro Dental All rights reserved.