小室歯科 近鉄あべのハルカス診療所: 大阪府阿倍野、天王寺の歯医者。メタルボンドとオールセラミッククラウンの違い
小室歯科 近鉄あべのハルカス診療所
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
大阪 歯科 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科
院長略歴、ごあいさつ
診療システム
スタッフ募集
歯科医師卒後臨床研修を志す先生方へ
通院にあたって
小室歯科の活動
院内ツアー
院内設備
予約
休診日など、お知らせ
English
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
入れ歯
  金属床義歯
  ノンクラスプデンチャー
  アタッチメント義歯
インプラント
  ミニインプラント
  ショートインプラント
  CT分析
デンタルエステ
  オールセラミック治療
  ラミネートべニア
  PMTC
ホワイトニング
矯正歯科
  インプラント矯正
  デーモンシステム
  ムーシールド
  マウスピース矯正
歯科用CT
セレック
予防歯科
アンチエイジング歯科
歯科人間ドック
スポーツマウスピース
  アーマーバイト
静脈内鎮静法
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
求人サイト
入れ歯
インプラント専門サイト
歯列矯正専門サイト
小室歯科公式ブログ
院長ブログ
インプラント最新情報
歯列矯正最新情報
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
QandA
TOPICS
リンク
サイトマップ
QRコード対応の携帯電話でご覧ください
2種類のセラミッククラウンの特徴
セラミッククラウンには「メタルボンド」と「オールセラミックス・クラウン」という2種類の方法があります。
どちらも見た目がきれいで、色調の経年変化が少ないという特徴がありますが、構造とそれに伴う特徴が少し違います。
 
「メタルボンド」は強度を出すため、内面を金属でつくります。
「オールセラミックス・クラウン」は金属アレルギーのある人や、よりキレイな歯を手に入れたい場合に
全てセラミックでつくる方法です。
メタルボンド オールセラミックス・クラウン
種類
前歯の治療で最もポピュラーな方法です。金属でつくった被せ物の表面にセラミックで焼きつけて歯の白さを再現していく方法です。
セラミックのみでつくった被せものです。
金属を一切使用しないため、歯の透明感を失うことなく自然な歯の色を再現できます。金属アレルギーの方に最適です。
利点
歯周病になりにくい
長持ちする 
変色しない
適合性がよい
自然な色が出せる
多くの歯に渡る治療など、さまざまな設計に対応できる
天然色に最も近い
変色しない
歯肉との境目が分らない
虫歯にも歯周病にもなりにくい
金属アレルギーの方にも使える
注意点
メタルの影響でオールセラミックスクラウンに比べると少し透明感が少なくなる。
メタルボンドよりもわずかに耐久性が劣る
メタルボンドに比べて、設計に制限がある