歯科用CTの歯周病への応用 大阪府阿倍野区 天王寺の歯医者【小室歯科近鉄あべのハルカス診療所】
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
大阪 歯科 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科
院長略歴、ごあいさつ
診療システム
スタッフ募集
歯科医師卒後臨床研修を志す先生方へ
通院にあたって
小室歯科の活動
院内ツアー
院内設備
予約
休診日など、お知らせ
English
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
入れ歯
  金属床義歯
  ノンクラスプデンチャー
  アタッチメント義歯
インプラント
  ミニインプラント
  ショートインプラント
  CT分析
デンタルエステ
  オールセラミック治療
  ラミネートべニア
  PMTC
ホワイトニング
矯正歯科
  インプラント矯正
  デーモンシステム
  ムーシールド
  マウスピース矯正
歯科用CT
セレック
予防歯科
アンチエイジング歯科
歯科人間ドック
スポーツマウスピース
  アーマーバイト
静脈内鎮静法
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
求人サイト
入れ歯
インプラント専門サイト
歯列矯正専門サイト
小室歯科公式ブログ
院長ブログ
インプラント最新情報
歯列矯正最新情報
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
QandA
TOPICS
リンク
サイトマップ
QRコード対応の携帯電話でご覧ください
より確実な診断を行い、安心な歯科治療へ〜
当院では、歯科用CTを導入しております
歯科用CTの歯周病診断への応用
歯周病は、口の中のバクテリアや、噛み合わせの力、あるいは歯並びなどによって、歯の周りの骨や歯肉が炎症を起こし、歯を支える骨が吸収してなくなったり、歯肉が腫れたりする病気です。
歯周病検査には、骨の吸収度合いを調べることが欠かせないのですが、以前は、パノラマや、デンタルレントゲンによって、二次元的に調べるだけでした。もちろん、現在でも、これらのレントゲンによる診断は欠かせないのですが、しかし、2次元の像ですので、診断には限界があります。特に、歯の頬側、舌側の骨の状態を診断することは難しかったのが実情でした。
一方CTを使用することにより、3次元で、歯の周りの骨の状態が一目で分かるので、非常に精密に分析できます。

これは、健全な状態の上の前歯のレントゲン写真です。丁度横から見たものですが、ほっぺた側の骨は、凄く薄いことがわかります。健全な状態でも、これだけもともとの骨は薄いです。
これまでのレントゲンでは、骨を2次元的に横から見るだけだったのですが、CTによって、このような”骨を輪切りにしたような”状態で見ることが可能になりました。
Copyright(c)2005 Komuro Dental All rights reserved.