歯科用CTのインプラントへの応用 大阪府阿倍野区 天王寺の歯医者【小室歯科近鉄あべのハルカス診療所】
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
大阪 歯科 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科
院長略歴、ごあいさつ
診療システム
スタッフ募集
歯科医師卒後臨床研修を志す先生方へ
通院にあたって
小室歯科の活動
院内ツアー
院内設備
予約
休診日など、お知らせ
English
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
入れ歯
  金属床義歯
  ノンクラスプデンチャー
  アタッチメント義歯
インプラント
  ミニインプラント
  ショートインプラント
  CT分析
デンタルエステ
  オールセラミック治療
  ラミネートべニア
  PMTC
ホワイトニング
矯正歯科
  インプラント矯正
  デーモンシステム
  ムーシールド
  マウスピース矯正
歯科用CT
セレック
予防歯科
アンチエイジング歯科
歯科人間ドック
スポーツマウスピース
  アーマーバイト
静脈内鎮静法
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
求人サイト
入れ歯
インプラント専門サイト
歯列矯正専門サイト
小室歯科公式ブログ
院長ブログ
インプラント最新情報
歯列矯正最新情報
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
QandA
TOPICS
リンク
サイトマップ
QRコード対応の携帯電話でご覧ください
インプラント術前CT分析〜
たった数秒で大きな安全と安心を提供します
歯科用CTのインプラントへの応用
小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、インプラント手術の術前に、必ずCTの撮影をします。当院では、院内に歯科用CTがあるため、迅速に撮影、分析できることも強みとなっています。

なぜ、インプラント手術にCTが必要なのか?

インプラント治療では、埋入するの術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を、正確に分析し、手術に臨む必要があります。これまでのレントゲンは、二次元の像、しかも一方向のものだけでしたので、どうしても、骨の厚み、細かい凹凸など細かい情報はわかりませんでした。
家を建てるときに、かならず作る設計図。この設計図は、2次元ですが、少なくともいくつもの方向から見たものを用意するはずです。場合によっては、パソコン上で立体的図を作成して、綿密にシュミレーションしてから作ります。インプラント手術するときも、それと同じで、細かく状況を分析し、完成をシュミレーションしてから、手術に臨むべきだと考えています。ですので、当院では手術前には必ずCTによるシュミレーションを行うようにしています。

上部構造のシュミレーション
インプラントの上部構造(被せもの)を入れる際に、もし、インプラントがベストの方向と違う方向に埋入された場合、どうしても形がいびつな物にならざるおえなくなったり、インプラントを止めるねじ穴が見た目にも、噛み合わせ的にも理想の位置でなくなってしまうことがあります。
もちろん、骨の形によって、仕方なくそういう状態になることはありますが、CTを使用すると、被せものの位置、形まで十分にシュミレーション出来て、緻密な手術が可能となります。
抜歯前に、大まかな情報を入手できる
患者さんの中に、“この歯はもうぐらぐらだし、抜かなければならないのはわかっているのだけれど、先生は抜いて、インプラントが出来なければ入れ歯とおっしゃるし、入れ歯になるくらいなら、抜きたくない”とおっしゃる方が多くおられます。こういう場合でも、当院では手軽にCTを撮影出来ますので、抜歯後、インプラントが出来るだけの骨の状態か、大まかな診断をすることが出来て安心です。
サージカルガイドへの応用
CTデータを利用して、インプラント埋入のシュミレーションをするわけですが、骨の状態が厳しい場合や、一度に多くのインプラントを埋入したい場合、また、より精密に埋入方向を設定して、きれいな上部構造(被せもの)を作りたい時など、CTデータを利用してサージカルガイドという器具を作り、まったくシュミレーション通りの手術を出来るようになってきています。当院でも、安全性、確実性を求めて、年々使用する頻度が増えてきて
います。
Copyright(c)2005 Komuro Dental All rights reserved.